<< 市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞) | main | 遊具から転落、15歳重傷…安全バーから足抜く(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)

 ES細胞(胚性幹細胞)、iPS細胞(人工多能性幹細胞)に次ぐ第3の「ヒト多能性幹細胞」を発見したと、東北大大学院医学研究科の出澤真理教授らの研究グループが、19日付の米科学アカデミー紀要に発表した。この細胞は、皮膚や骨髄に存在し、さまざまな細胞に分化できる多能性を持つが、iPS細胞などが直面するガン化の危険性は極めて低いという。

 研究グループは、骨髄の細胞を培養すると、非常に低い頻度で、ES細胞に似た細胞の塊が形成されることを発見。この細胞を効率よく抽出する手法を確立した。抽出した細胞をマウスに投与すると、神経、肝臓、筋肉で、各組織に特有の細胞に分化したことから、多能性を持った新たな幹細胞として「Muse細胞」と名付けた。iPS細胞のように、あらゆる細胞に分化できる能力(万能性)があるかどうかは分かっていない。

 Muse細胞は、遺伝子導入などの操作をせずに骨髄液などから抽出できる。一定の自己増殖能力はあるが、無限増殖(ガン化)はせず、免疫不全のマウスの精巣に移植しても奇形腫はできなかった。ストレスに強いことも特性の一つで、培養液に長時間ストレスを与えると、Muse細胞が濃縮された。Museは「ストレスに強い多能性細胞」を意味する英語の頭文字。

 出澤教授は「ES細胞やiPS細胞とは、性格が異なる新しい多能性幹細胞で、再生医療研究の可能性が広がることが期待できる」と話している。

蛇笏賞に真鍋呉夫氏(時事通信)
<飯塚市長選>斉藤氏が再選 福岡(毎日新聞)
「確かに私は、愚かな総理かもしれません」(読売新聞)
臥龍桜 陽気に誘われ満開 岐阜・高山(毎日新聞)
<建築確認>設計ミスを見逃した検査員らを処分 名古屋(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 21:25
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
現金化口コミ
情報商材
債務整理無料相談
競馬サイト
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    ケイコとまなぶ (06/12)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    栗花畑 (04/19)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    リンデル (01/15)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    カドルト (01/09)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    ナーマソフト (12/24)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    ポリエモン (12/19)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    パイン (12/12)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    ヘッド (12/07)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    俊之 (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM