スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)

 情報通信の発展とともにますます多様化、巧妙化するハイテク犯罪に対し、先駆的な摘発事例で手腕を発揮する京都府警のハイテク犯罪対策室。個性的な捜査集団の先頭に立つ室長補佐の木村公也警部(53)は、今年4月から警察庁の広域技能指導官に選ばれ、最前線の捜査とともに後身の育成にも力を注ぐ。今年で警察官生活30年。地道な仕事の支えとなっているのは、毎日欠かさず届く妻からの励ましのメッセージだった。(浅山亮)

 ■匿名の壁に無力感…励まされた2500通

 深夜、自宅で開いたパソコン画面。次々とアップされる音楽や映画の違法ファイルを前に「どこかに突破口がないか」と考えをめぐらせる。

 妙案が浮かばないまま布団に潜り込むと、傍らで眠っていたはずの妻、みのりさん(47)が「ご苦労さまでした」と声をかけた。「自分にも『ゲゲゲの女房』がいるんやな」。NHKの連続テレビ小説に出てくる献身的なヒロインが、ふと頭をよぎった。

 昭和32年生まれ。大学の水産学科を卒業後、55年に京都府警に入り、親子3代の警察官となった。

 まだインターネットが普及していなかったころから、パソコン通信などに、児童ポルノ販売など犯罪情報があふれていた。だが、当時は法的に適切な捜査手段がない。「目の前で犯罪が横行しているのに、何もできない状況が悔しい…」。日常業務の合間に、独学でさまざまな方策を探った。

 平成13年4月、京都府警にハイテク犯罪対策室が設置されたころには、ネット空間はファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」により、著作権を無視した違法世界に染まっていた。「警察に対する挑戦や」。怒りを胸に毎晩遅くまでパソコンに向かい、格闘した。それでも超えられない「匿名性」の壁。何度も無力感にさいなまれた。

 ある夜、みのりさんにつぶやいた。「もうやめようかな」。すると翌朝、パソコン台にメッセージが書かれたカードが置いてあった。「2階に上がろうとする熱意がハシゴを生み出す」−。以降毎日、励ましの「格言メール」が届くようになった。

 地道な捜査を続け、15年11月、ウィニーの違法ユーザーを全国初摘発。16年5月には、著作権法違反幇助(ほうじょ)容疑でウィニーの開発者を逮捕した。開発者の公判は今も続いているが、以降もさまざまなハイテク犯罪を果敢に摘発してきた。

 捜査手腕が評価され、今年、表彰を受けた。真っ先に浮かんだのは、連れ添って24年になる妻の顔だった。心の支えとなってきた妻からのメッセージは、約2500通を数える。

 「ハイテク捜査に必要なのは情熱だけ」。ネット上には、Twitter(ツイッター)などの新しいサービスが次々と登場する。「子供が落とし穴にはまらないように整備するのがわれわれの使命です」

 今日も携帯電話にメールが届く。「愛すべきは、その未熟さです」。メッセージをそっと胸にしまい、パソコンの画面に向かった。

 【用語解説】京都府警ハイテク犯罪対策室

 京都府警のハイテク捜査は平成6年、生活安全企画課生活安全特別捜査隊の捜査員3人で本格スタート。13年に対策室が設置され、現在約20人が所属する。ファイル共有ソフトの違法ユーザー摘発などで手腕を発揮。今月14日には動画投稿サイト「You Tube(ユーチューブ)」に人気漫画の加工動画を違法に投稿したとして男子中学生を逮捕するなど、新サービスの取り締まりにも力を入れている。

【関連記事】
ネット犯罪に手を染めた中国人留学生の代償
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 
高度なネット犯罪に対応、専従取締班を設置 警視庁
1千万台超をウイルス感染させたネット犯罪組織を摘発 スペイン
中3、漫画120作を発売前YouTube投稿 入手経路を捜査
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

民家火災、独居82歳?死亡 神戸・長田(産経新聞)
菅首相会見要旨☆2(時事通信)
元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
「連立離脱だ」、亀井代表が一時は決断(読売新聞)
群馬県議会がツイッターで情報発信 都道府県議会では全国初(産経新聞)

アマリール0.5mg錠を新発売―サノフィ・アベンティス(医療介護CBニュース)

 サノフィ・アベンティスは6月8日、2型糖尿病治療薬アマリール0.5mg錠(成分名=グリメピリド)を発売した。低血糖のリスクを低減するため、細かい用量調節ができる薬剤を求める現場の声を実現した。

 アマリールは、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌を促進するスルホニルウレア(SU)薬。これまで1mg錠、3mg錠が発売されており、現在、年間175万人に使用されているという。

 同社では、「患者さんの病態に合った、よりきめ細かな用量調節と調剤作業の簡素化が可能になり、よりよい血糖コントロールの実現に寄与できる」としている。


【関連記事】
新規2型糖尿病治療薬などの副作用報告を公表―厚労省
インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協
共同出資会社「日医工サノフィ・アベンティス」設立へ
日本の後発品市場「非常に興味ある」―サノフィCEO
サノフィのGLP−1受容体作動薬で有意にHbA1c値低下

1審無罪の覚醒剤使用事件 逆転有罪判決 「弁護士への連絡妨害、なかった」 東京高裁(産経新聞)
成田エクスプレス、長野電鉄に「移籍」(読売新聞)
<民主党>政調会長に玄葉氏、入閣も内定(毎日新聞)
「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲(読売新聞)
幻覚強い雌株選び自宅で栽培 九州麻取部が男逮捕(産経新聞)

国内最古級の土偶発見=1万3000年前―滋賀・相谷熊原遺跡(時事通信)

 滋賀県文化財保護協会は29日、同県東近江市の相谷熊原遺跡で、竪穴建物跡から縄文時代草創期(約1万3000年前)の土偶1点を発見したと発表した。三重県で1996年に出土した土偶とほぼ同時期の国内最古級とみられ、同協会は「当時の人々の精神文化を考える上で貴重な資料だ」としている。
 同協会によると、土偶は高さ3.1センチ、重さ14.6グラムで、ほぼ完全な形で見つかった。乳房と腰部のくびれを明瞭(めいりょう)に表現。底が平らで立たせるように仕上げられており、これまでに出土した縄文時代草創期や早期の土偶には見られない特徴だという。 

【関連ニュース】
【Off Time】長崎・壱岐の旅 絢爛刺繍と海の王都
【Off Time】マチュピチュの旅
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産
〔写真特集〕ビーチ&レイクサイドフォト

貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
<普天間>辺野古移設へ 日米が共同文書発表(毎日新聞)
下校途中の中1、踏切で列車にはねられ死亡(読売新聞)
異例、審議1日で終了 衆院総務委、郵政改革法案を可決(産経新聞)
種牛処分「法律に沿ってやる」=ワクチン接種きょう終了―農水相(時事通信)

「辺野古は断固反対」名護市長、首相と会談(読売新聞)

 鳩山首相は23日昼、名護市内で稲嶺進・同市長ら沖縄北部市町村長と会談した。

 稲嶺市長は、首相が米軍普天間飛行場を名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブに移設する方針を正式表明したことについて、「『ようこそ』という気持ちにはとてもなれない。これまでの思いを裏切ることで怒りを覚える。断固反対する」と述べ、受け入れを拒否する考えを表明した。

 これに対し、首相は「私もかつては『辺野古の海を汚してはいけない』という思いで頑張ってきた。『できれば最低でも県外』といったのは事実だ。みなさんの気持ちにそえない結果になっていることをお詫びしたい」と陳謝した。その上で、「稲嶺市長が『認められない』と言われたのも理解している。訓練移転を含め、負担軽減を考えていきたい」と述べ、改めて名護市への移設への協力を要請した。

24日にかけ、西日本から東日本で大雨の恐れ(読売新聞)
「入院基本料を適正な水準に」―永生会・安藤氏(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>種牛の精液はストロー1本5000円も(毎日新聞)
予防接種法の抜本改正でヒアリング実施へ
声掛け徹底、限度額引き下げを=金融機関と会議―警視庁(時事通信)

「わたしは時間を描いている」 横山裕一 ネオ漫画の全記録(産経新聞)

 「ネオ漫画」と呼ばれセリフがほとんどない不思議な世界を描く漫画家、横山裕一(43)。現代アーティストとしても活動し、ジャンルを超えて高い評価を得ている。いま川崎市市民ミュージアムで漫画の原画や絵画などを展示した展覧会が開かれている。作品や資料など700点以上を展示した横山ワールドは圧巻だ。(渋沢和彦)

 とにかく横山の描く漫画は個性的だ。なにしろセリフがほとんどない。あるのは「ガンガン」とか「ドドド」「ガリガリ」など擬声語のカタカナで、それがデカデカとグラフィカルに描かれる。

 自身が「わたしは時間を描いている」と語っているように、時間の経過とともに刻々と移り変わる風景を丁寧に描き、文章で理解させるのではなく、絵で想像させる。パソコンなど使うことはなく、すべてが手作業。直線や曲線は定規を使い丁寧に描く。一瞬の動きをデフォルメし、単純化した形態で描き、躍動感に満ちている。まったく新しい漫画といっていいだろう。まさに「ネオ漫画」といわれるゆえんだ。

 川崎市市民ミュージアムはその才能を高く評価し、平成20年度に漫画原画の一部を収集するとともに、展覧会の準備を始めた。同ミュージアムの金沢韻(こだま)学芸員は「一瞬一瞬の時間を味わい尽くしているよう。漫画とかアートとかデザインとかいった領域を自然に超える力がある」と、その魅力を分析する。

 横山は昭和42年、宮崎県生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒。平成7年から漫画を描き始めた。同時に制作していた絵画でも才能を発揮。もともとは画家を目指していたこともあり現代美術のギャラリーで発表するほど本格派だ。

 漫画はきっちりと描いているのに絵画は奔放。水性ペンキなどを主に使い、ピンク、イエロー、ブルーなどカラフルな色彩でリズミカルに描かれる。たとえモチーフが倉庫や民家やアパートのあるごちゃごちゃした風景であってもスタイリッシュで軽やかに仕上げられる。構図も大胆で、画面上に人物がいても頭部は描かれなかったりする。展示室の壁面にはそうした横幅が2メートルほどの大作が並べられ、モノクロームの漫画の原画とは対照的で鮮烈。展示会場に足を踏み込めば横山ワールドに引き込まれ、圧倒されるだろう。

 展覧会は6月20日まで(月曜休)。展覧会に合わせ新作画集「ベビーブームファイナル」(Akio Nagasawa Publishing)も発売されている。6月4日から7月14日まで東京・新富のアラタニウラノでも個展が予定されている。

【関連記事】
岡本あずさ主演「金色のコルダ」ミュージカルに
松嶋菜々子「ジャングル大帝」声優に初挑戦
夭逝の詩人・立原道造 元祖“乙女系男子”は元祖鉄道オタク!?
「特上カバチ!!」表現めぐり温度差 弁護士会VS行政書士会 
30年以上経っても…「ちびまる子ちゃん」の舞台 静岡市清水区

菅財務相 雌伏の日々「5月政変」に備え?(毎日新聞)
金星探査機「あかつき」打ち上げ延期(産経新聞)
年上9人…オリックス公式チア主将は20歳、テストで抜擢(産経新聞)
大阪・西淀川の2人刺殺容疑 マンション住人の男逮捕(産経新聞)
ポートアイランド 街開き30周年 住民パワーゼロから文化築く(産経新聞)

遊具から転落、15歳重傷…安全バーから足抜く(読売新聞)

 7日午後1時25分頃、東京都練馬区の遊園地「としまえん」で、人気アトラクション「フライングカーペット」に乗っていた埼玉県立所沢特別支援学校(所沢市)の高等部1年の男子生徒(15)が転落した。

 男子生徒は腕の骨を折るなどの重傷を負ったが、命に別条はないという。警視庁練馬署が詳しい状況を調べている。運営会社の豊島園は当分の間、フライングカーペットの運行を中止するとしている。

 同署や豊島園によると、フライングカーペットは40人乗りの回転式遊具で、客の乗る「カーペット」が水平状態を保ったまま振り子のように前後に動いた後、回転し最大12メートルの高さまで上がる。

 運行時は、安全バーを太もも付近に下げ、体を固定するが、転落した男子生徒はフライングカーペットが動き出した後、安全バーから両足を抜き、正座のような姿勢をとったという。係員が緊急停止ボタンを押したが間に合わず、生徒は高さ約7メートル付近の位置から約10メートル斜め後方に振り落とされたという。

 男子生徒は同校の遠足のため、教師を含む42人で訪れていた。引率の教師は男子生徒の前列の斜め左に座っていた。

 としまえんのフライングカーペットでは1992年8月、開園前の点検作業中に男性作業員(当時58歳)がカーペット部分の下敷きになって死亡する事故が起きているが、乗客の事故は初めてという。

 としまえんでは、工藤真一管理課長が同日午後6時半から記者会見し、「けがをしたお客様の一日も早い回復を祈っています。警察の捜査には全面的に協力したい」と述べた。

 ◆足を引き抜く事態想定せず◆ 豊島園によると、フライングカーペットの安全バーは締め付け過ぎないよう、太ももとの間に若干のすき間を残して固定している。座席は4人がけで、1本の安全バーを隣に座った人たちと共有する仕組みだったという。

 遊具の安全点検にあたる技術者の講習を行っている財団法人「日本建築設備・昇降機センター」(東京・港区)は「体格が全く同じでない限り、どうしても、大きな人に合わせざるをえない」と指摘している。

 事故当時、生徒の隣には2人が座っていたが、豊島園では「3人とも体格に大きな差はなく、安全バーに必要以上のすき間はなかったと思う」としており、「乗客が自ら足を引き抜くような事態は想定していなかった」などと説明している。

<鳩山首相>日米のさくらの女王が訪問 オバマ氏親書を持参(毎日新聞)
<水道管>3万8000キロが耐用年数超え 更新進まず(毎日新聞)
新橋演舞場 櫓のお披露目式 歌舞伎座建て替えで 東京(毎日新聞)
雑記帳 銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
<山岳遭難>63歳男性戻らず 奈良・大峰山系に1日入山(毎日新聞)

第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)

 ES細胞(胚性幹細胞)、iPS細胞(人工多能性幹細胞)に次ぐ第3の「ヒト多能性幹細胞」を発見したと、東北大大学院医学研究科の出澤真理教授らの研究グループが、19日付の米科学アカデミー紀要に発表した。この細胞は、皮膚や骨髄に存在し、さまざまな細胞に分化できる多能性を持つが、iPS細胞などが直面するガン化の危険性は極めて低いという。

 研究グループは、骨髄の細胞を培養すると、非常に低い頻度で、ES細胞に似た細胞の塊が形成されることを発見。この細胞を効率よく抽出する手法を確立した。抽出した細胞をマウスに投与すると、神経、肝臓、筋肉で、各組織に特有の細胞に分化したことから、多能性を持った新たな幹細胞として「Muse細胞」と名付けた。iPS細胞のように、あらゆる細胞に分化できる能力(万能性)があるかどうかは分かっていない。

 Muse細胞は、遺伝子導入などの操作をせずに骨髄液などから抽出できる。一定の自己増殖能力はあるが、無限増殖(ガン化)はせず、免疫不全のマウスの精巣に移植しても奇形腫はできなかった。ストレスに強いことも特性の一つで、培養液に長時間ストレスを与えると、Muse細胞が濃縮された。Museは「ストレスに強い多能性細胞」を意味する英語の頭文字。

 出澤教授は「ES細胞やiPS細胞とは、性格が異なる新しい多能性幹細胞で、再生医療研究の可能性が広がることが期待できる」と話している。

蛇笏賞に真鍋呉夫氏(時事通信)
<飯塚市長選>斉藤氏が再選 福岡(毎日新聞)
「確かに私は、愚かな総理かもしれません」(読売新聞)
臥龍桜 陽気に誘われ満開 岐阜・高山(毎日新聞)
<建築確認>設計ミスを見逃した検査員らを処分 名古屋(毎日新聞)

市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長を支持する市長派の市議4人が19日、市議会(定数16)に市長不信任決議案を提案した。

 議会での勢力を伸ばしたい市長派が仕掛けた動きだが、多数を占める反市長派(12人)が反対し、否決する変則的な事態となる見通しだ。

 市長は、議会解散で市長派を増やしたいとの意向を示している。不信任案が可決されれば、市長が議会を解散できるため、反市長派に「不信任案を出せ」と挑発していたが、応じないため、市長派が提案した。

 本会議は午前10時に開会。市長や執行部はこの日も議場に姿を見せなかったが、浜之上大成議長が開会を宣言。提案者の松元薫久市議は「(反市長派は)市民に市長リコール運動をあおり、市政混乱の責任を市長に押しつけようとしている。混乱を収めるため、主権者である市民の洗礼を受けるべきだ」と議会解散を求める考えを示した。

 不信任案の可決には、議員の3分の2以上が出席し、4分の3の賛成が必要。阿久根市議会では全員が採決に参加した場合、12人の賛成が必要で、不信任案の可決は極めて難しい。市長派は19日、市議会の自主解散決議案も提案する予定だが、これも反市長派の反対多数で否決される見込み。

<幸田町議汚職>贈賄側の売却益7億円 愛知県警(毎日新聞)
舛添氏、橋下・東国原知事との連携に積極姿勢(読売新聞)
<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)
貧困ビジネス封じ込め、大阪市が申請者囲い込み(読売新聞)
18日も16便欠航=火山噴火の影響続く−日航・全日空(時事通信)

同日選で政権選択を=参院福岡で候補擁立−みんな・渡辺氏(時事通信)

 みんなの党の渡辺喜美代表は14日、福岡県庁で記者会見し、仙谷由人国家戦略担当相らが消費税率引き上げの必要性に言及していることについて「増税という重大な争点を主張している。国民は政権選択を間違ったのではと疑問に思っている。衆参ダブル選挙で政権選択をやり直すべきだ」と語った。
 また、参院選福岡選挙区(改選数2)の公認候補として、自民党に離党届を提出した県議の佐藤正夫氏(55)の擁立を発表した。これで、みんなの党の公認候補は選挙区5、比例代表8の計13人となった。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

区民ミュージカル 25日、2年ぶり再演(産経新聞)
電線ケーブルカルテルで大阪の業者などを立ち入り検査(産経新聞)
<脳脊髄液減少症>保険診療対象の周知徹底、自治体に通知へ(毎日新聞)
参院選 タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
普天間で米大統領に協力要請へ=鳩山首相、核サミットへ出発(時事通信)

「自民党自身が生まれ変わる」谷垣氏、党職員に異例の訓示(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は9日朝、党本部で党職員約150人を集めて訓示し、「夏の参院選は、日本の将来と同時に、わが党の明日が開けるかどうかの戦いでもある」と強い危機感を表明、結束と奮起を求めた。

 訓示で谷垣氏は「(参院選は)自民党自身が生まれ変わり、日本の道筋を開くチャレンジャーになる。この心構えなくしてできる戦いでない」と強調。「国会議員も自らを鍛え直し、生まれ変わる努力をするので、皆さんも必死に下支えをしてほしい」と訴えた。最後に、全職員が谷垣氏と同席した大島理森幹事長と握手し、参院選に向け、一致結束をアピールした。

 選挙前の訓示は「この数年やったことがない」(党職員)という異例なもので、報道陣に非公開で行われた。与謝野馨元財務相らの離党や、相次ぐ執行部刷新要求で広がった党内の動揺を鎮める狙いがある。

【関連記事】
一難去ってまた…谷垣自民に不満続出
平沼新党参加の藤井氏が自民に離党届
舛添氏“自民乗っ取り”へ5月決起も、党内では不人気!?
中山恭子氏、新党入りは「考えたことがない」
小泉Jr口撃力に舌巻く亀井氏「人の心理くすぐるのは父親譲りでうまい」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

宇宙飛行士、山崎さん出発 向井さん「ご両親もほっと」(産経新聞)
【新・関西笑談】喜びを力に、共に生きよう(4)(産経新聞)
核サミット「国際協力のため重要な会議」鳩山首相(産経新聞)
<鹿嶋市長選>現職の内田氏が接戦制し4選 茨城(毎日新聞)
足立区で一時停電、2700世帯に影響(産経新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
現金化口コミ
情報商材
債務整理無料相談
競馬サイト
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    ケイコとまなぶ (06/12)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    栗花畑 (04/19)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    リンデル (01/15)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    カドルト (01/09)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    ナーマソフト (12/24)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    ポリエモン (12/19)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    パイン (12/12)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    ヘッド (12/07)
  • あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
    俊之 (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM